ビジネス(仕事)に役立つ出版の方法

本を出版しただけでは、ビジネスにはつながりません。そこで、集客やブランディング、売上アップにつながる出版戦略を紹介いたします。

売上・集客につながる出版戦略

書籍からビジネス(仕事)への導線を本の中に仕込む

投稿日:2014年4月17日 更新日:

出版を仕事につなげる上で、いざ本を出すというときに、必ずその本の中に仕込んでほしいものがあります。

それはメールアドレス、ホームページ、ブログのアドレスです。

これは必ず載せてください。

 

「仕事につなげたい」と言うわりに、連絡先がまったく載っていない方とかいらっしゃいます。

著者名やプロフィールの内容で検索はされるかもしれないけど、やはり面倒です。

そのために、問い合わせをする確率がガクンと下がります。

つまり、機会損失になってしまっているということです。

 

また、本の中で、問い合わせや質問を受け付けるところを明確に記載しておきましょう。

よく「質問やクレームがあったら、ファンにするチャンスだ」と言っている方がいらっしゃいます。

まさにその通りで、そういう質問や問い合わせが来たときに、手厚く、ちゃんとフォローすれば、絶対にその人はファンになります。

ファンになるということは、お客さんになりえるということなので、面倒だと思うかもしれませんが、嫌がらずにやってください。

 

あとは本を買ってくれた人たちに、プラスアルファのレポートなどで、リスト集めをする仕組みを用意することです。

チラシを入れるなどありますが、あまり煽った形でやってしまうと、胡散くさい感じになってしまいますから、気をつけてください。

 

ad

ad

-売上・集客につながる出版戦略

執筆者:

関連記事

ビジネス(仕事)を加速させるためには、どこにつなげるのかを考えて出版の形態を選ぶ

出版から仕事につなげようと思ったとき、まずは、ビジネスのどの部分に、どう生かすのかを考えてください。 そして、その上で、“誰に”“何を”伝えるのかを考え、それを効果的に波及する意味合いで出版形態を選ぶ …

ベストセラーになる本をとビジネス(仕事)が加速する本は違う

ベストセラーと仕事につながる本は企画の立て方が根本的に違います。   ベストセラーというのは、読まれ方が受動的なんです。 本屋に行ったり、電車の吊広告をみたり…、「これ、なに。面白そう!」と …

出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない

出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したというブランドには有効期限があります。 私が思うに、その本を使ってブランディングできるのはだいたい、三年ぐらい …

ビジネス(仕事)を加速させる出版の考え方

本業につなげる出版の考え方として、まず何のために出版をするのかを考えましょう。 出版の目的、これを明確にしてください。   出版の目的を明確にしたら、つぎは誰に読んでもらいたいのか、を決めま …

必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない出版のリスクとデメリット

せっかく出版をするのなら、きっちりと仕事につなげましょう。   出版をしただけでは仕事にはなりません。 きっちりと仕事になるような出版の戦略を考える必要があります。   出版すると …