ビジネス(仕事)に役立つ出版の方法

本を出版しただけでは、ビジネスにはつながりません。そこで、集客やブランディング、売上アップにつながる出版戦略を紹介いたします。

売上・集客につながる出版戦略

ビジネス(仕事)を加速させる出版の考え方

投稿日:2014年4月7日 更新日:

本業につなげる出版の考え方として、まず何のために出版をするのかを考えましょう。

出版の目的、これを明確にしてください。

 

出版の目的を明確にしたら、つぎは誰に読んでもらいたいのか、を決めましょう。

読んでもらいたい人が、本を買いたいと思っていなければ意味がありません。

 

本というのは、能動的に探しに行きます。

能動的に“こういう本を欲しい”と思っているわけですから、こういう本を出版すればいいわけです。

誰に読んでもらうかをしっかり決めないと、全く意味のない本を出版してしまう場合がありますからね。

 

誰に読んでもらうかを決めたら、つぎはその人に何を書けば喜んでいただけるのか、を考えましょう。

それは、読者の悩み、欲求にちゃんとリーチする本です。

 

本を通じて、仕事につなげたいわけです。

 

仕事につなげたいんだから、読者ターゲットが仕事の顧客層になっていなかったら、その本を出す意味がありませんよね。

読者層と顧客層がきっちり合っているかどうかが重要なのです。

あなたが法人向けの商売をされているのに、個人向けの本を出したって、意味がないというわけです。

そして、ちゃんとその先には仕事になるような内容を本にしていきましょう。

ad

ad

-売上・集客につながる出版戦略

執筆者:

関連記事

必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない出版のリスクとデメリット

せっかく出版をするのなら、きっちりと仕事につなげましょう。   出版をしただけでは仕事にはなりません。 きっちりと仕事になるような出版の戦略を考える必要があります。   出版すると …

出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない

出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したというブランドには有効期限があります。 私が思うに、その本を使ってブランディングできるのはだいたい、三年ぐらい …

ビジネス(仕事)を加速させるためには、どこにつなげるのかを考えて出版の形態を選ぶ

出版から仕事につなげようと思ったとき、まずは、ビジネスのどの部分に、どう生かすのかを考えてください。 そして、その上で、“誰に”“何を”伝えるのかを考え、それを効果的に波及する意味合いで出版形態を選ぶ …

本は出版しても売れなければビジネス(仕事)が加速するわけじゃない

出版社と販売について打ち合わせをして、営業重点書籍に選ばれるようにしましょう。 これは重要です。   出版社というのは、必ず月に一点、ということはないです。 三点から五点、多いところだと、二 …

出版でビジネス(仕事)を加速させるスパイラルをつくる

本を出版したら、仕事につながっていくスパイラルをつくりましょう。   まず、出版をあなたのブランディングにつかって、取材を勝ち得る。   取材をされたら、「○○に掲載されました」と …