ビジネス(仕事)に役立つ出版の方法

本を出版しただけでは、ビジネスにはつながりません。そこで、集客やブランディング、売上アップにつながる出版戦略を紹介いたします。

売上・集客につながる出版戦略

出版したら必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない

投稿日:2014年8月19日 更新日:

出版をすれば、仕事の問い合わせが来て、有名になれて、と誤解されている方がいらっしゃいますが、決してそうではありません。

いくら出版をしたところで、必ずしも仕事の問い合わせが増えるというわけではないんです。

 

出版して仕事につなげようと思ったら、ちゃんと仕事につながるような企画の立て方をしておかなければ、問い合わせは来ません。

出版をすれば、有名になれるとか、スゴいと思われるとか、も同じです。

 

また、出版をすれば、印税で儲かる、という誤解もあります。

印税なんてたかが知れていますし、特に今は本が売れない時代と言われておりますので、増刷を繰り返すような本を出版しない限りは、夢の印税生活というのは夢のまた夢です。

基本的には印税で儲かるとは思わないほうがいいでしょう。

印税を当てにするぐらいなら、本をレバレッジにして、本業でどう儲かるか、ということを考えられた方が賢明です。

 

他にも出版すると講演、セミナーの集客がラクになる、という誤解もあります。

たしかに、多少はラクになるかもしれませんが、なかなかそんなウマい話はありません。

 

いずれにしても、出版の効果を享受したいのであれば、どの効果を享受したいのかを考え、その効果を享受できるような本を出版しなければ、その効果は享受できないのです。

ad

ad

-売上・集客につながる出版戦略

執筆者:

関連記事

出版でビジネス(仕事)を加速させるスパイラルをつくる

本を出版したら、仕事につながっていくスパイラルをつくりましょう。   まず、出版をあなたのブランディングにつかって、取材を勝ち得る。   取材をされたら、「○○に掲載されました」と …

出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない

出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したというブランドには有効期限があります。 私が思うに、その本を使ってブランディングできるのはだいたい、三年ぐらい …

ベストセラーになる本をとビジネス(仕事)が加速する本は違う

ベストセラーと仕事につながる本は企画の立て方が根本的に違います。   ベストセラーというのは、読まれ方が受動的なんです。 本屋に行ったり、電車の吊広告をみたり…、「これ、なに。面白そう!」と …

必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない出版のリスクとデメリット

せっかく出版をするのなら、きっちりと仕事につなげましょう。   出版をしただけでは仕事にはなりません。 きっちりと仕事になるような出版の戦略を考える必要があります。   出版すると …

商業出版することのメリット

出版するとイイことがあると思っている方が少なくありません。 確かに、出版のメリットには次のようなことがあります。 今まで届かなかった人にリーチできる 本の内容がフィルターになって集客できる 顧問料、講 …