ビジネス(仕事)に役立つ出版の方法

本を出版しただけでは、ビジネスにはつながりません。そこで、集客やブランディング、売上アップにつながる出版戦略を紹介いたします。

売上・集客につながる出版戦略

商業出版することのメリット

投稿日:2014年5月19日 更新日:

出版するとイイことがあると思っている方が少なくありません。

確かに、出版のメリットには次のようなことがあります。

  • 今まで届かなかった人にリーチできる
  • 本の内容がフィルターになって集客できる
  • 顧問料、講演のギャラが倍増する
  • 会社の信用度がアップする
  • 商談を優位に進めることができる
  • 雑誌、テレビ、ラジオなどに取材される
  • 同業他社に圧倒的な差をつけられる

 

「今まで届かなかった人にリーチできる」

今までいくら集客をしようと思っても、自分の商圏にはどうしても限界があります。もしくは、ウェブですよね。

しかし、ウェブでしか集客できないとなると、ウェブをやっていない人は集客できなかったわけです。

それに対して、本というのは書店から買っていただいて、その人をお客さんにすることができます。

今まで届かなかった層にリーチができるようになるわけです。

 

「本の内容がフィルターになって集客できる」
たとえば、本を読んで、仕事の依頼が来る、ということは、本の内容に共感した人だけなんです。

本の内容に不満を持っている人、もしくは違うな、と思っている人は、絶対にその著者に仕事を依頼しません。

ネットで集客している場合、本来であれば、顧客教育をしなければいけません。

ところが、本からの集客なら、共感して、納得して、信頼して、来てくれるので、顧客教育が済んだ状態になっています。

 

「顧問料、講演のギャラが倍増する」

本を出しているので、あなたは先生と呼ばれるようになっています。「先生なので」ということで、ほかの人に払うよりも、色をつけてくれる場合があります。

ただ、主催者の基準なので、何とも言えないところではあるんですけど。

 

「会社の信用度がアップする」「商談を優位に進めることができる」
やはり本はそれそのものが与信力になります。

第三者からの権威づけということになりますから、与信力に効果があります。

 

「雑誌、テレビ、ラジオなどに取材される」

雑誌やテレビ、ラジオなどに取材される…メディアには取材されやすい順番というものがあります。

それは、雑誌、ラジオ、テレビという順番です。

そして、それらのメディアが取材先探しに使っているメディアというのが書籍なのです。

 

どれも出版のメリットと言えます。

ad

ad

-売上・集客につながる出版戦略

執筆者:

関連記事

本は出版しても売れなければビジネス(仕事)が加速するわけじゃない

出版社と販売について打ち合わせをして、営業重点書籍に選ばれるようにしましょう。 これは重要です。   出版社というのは、必ず月に一点、ということはないです。 三点から五点、多いところだと、二 …

書籍からビジネス(仕事)への導線を本の中に仕込む

出版を仕事につなげる上で、いざ本を出すというときに、必ずその本の中に仕込んでほしいものがあります。 それはメールアドレス、ホームページ、ブログのアドレスです。 これは必ず載せてください。   …

ビジネス(仕事)を加速させる出版の考え方

本業につなげる出版の考え方として、まず何のために出版をするのかを考えましょう。 出版の目的、これを明確にしてください。   出版の目的を明確にしたら、つぎは誰に読んでもらいたいのか、を決めま …

出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない

出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したというブランドには有効期限があります。 私が思うに、その本を使ってブランディングできるのはだいたい、三年ぐらい …

ビジネス(仕事)を加速させるためには、どこにつなげるのかを考えて出版の形態を選ぶ

出版から仕事につなげようと思ったとき、まずは、ビジネスのどの部分に、どう生かすのかを考えてください。 そして、その上で、“誰に”“何を”伝えるのかを考え、それを効果的に波及する意味合いで出版形態を選ぶ …