編集プロダクション カタログ

*

ビジネス(仕事)を加速させるためには、どこにつなげるのかを考えて出版の形態を選ぶ

公開日: : 最終更新日:2014/10/14 売上・集客につながる出版戦略

出版から仕事につなげようと思ったとき、まずは、ビジネスのどの部分に、どう生かすのかを考えてください。

そして、その上で、“誰に”“何を”伝えるのかを考え、それを効果的に波及する意味合いで出版形態を選ぶようにしましょう。

 

出版形態には、商業出版、共同出版、自費出版…と、いろんな形態があるんですが、仕事につなげるという意味でいうと、別にどれでもいいと思います。

自費出版なら自費出版の、商業出版なら商業出版の使い方があるからです。

 

たしかに、印税をもらえる出版と、お金を払わなければならない出版。

どちらがいいですか、って訊いたら、誰だって商業出版を選ぶと思います。

当たり前ですよね。

 

ただ、実際はそうではなくて、商業出版と自費出版で発刊された本は、「一体、誰の商品なんですか?」ということなんですね。

 

商業出版というのは印税をもらって、出版をするけれども、それはあくまで出版社の商品です。

出版社の商品ということは、当然、口も出されます。

口を出された結果、自分が想定していた内容と違う内容になったり、書きたくないことも書かされることなど、よくあります。

結果、仕事につながらないどころか、逆ブランディングがかかってしまうことも…。

なので、しっかりと目的を決めて商業出版に挑まなければ、必ずしも仕事につながるわけではないことを覚えておいてください。

 

逆に、自費出版はというと、自費出版は自費出版で、お金を出す出版だけれども、自分の思ったとおりのことを書くことができます。

自分の伝えたいことをぜんぶ形にできるのであれば、その方が集客できるという人にとっては、自費出版を選択した方が、仕事につなげやすい場合もあります。

しかも、自費出版の場合、必ず自費出版の出版社がつきます。

当然、その自費出版の出版社名が本に載りますので、はたから見たら、自費出版とは分からないでしょう。

 

共同出版という出版の形態もあるのですが、これは、商業出版と自費出版の間です。

つまり、リスクを出版社がもつ商業出版とリスクを著者が持つ自費出版、これらと比較するとリスクを出版社と著者で折半するのが共同出版といえるでしょう。

共同出版は、協同出版、企画出版などと呼ばれる場合もあります。

 

イレギュラーですが、自費出版の会社から商業出版される場合もあるようです。

 

今回はあくまで仕事につなげるための出版ですから、仕事につなげることが目的です。

出版にお金をかけるとか、かけないとかは関係ないわけです。

出版物をあくまでも投資、ツールだと思って考えたならば、自費出版でも効果はあるということを覚えておいてください。

あなたのビジネスの商圏が狭ければ、べつに全国の書店に並ぶ必要はないわけですから、自費出版で発刊して、自分の商圏内で売ればいいわけです。

そこからちゃんと仕事になるような内容になっているのであれば、商業出版みたいに無駄に全国で売られるよりかは、結果的に効率的だったりすることもあります。

 

いずれにしても、あなたの目的に応じて、この3つ出版業態から、どれを選ぶかってことを考えてほしいですね。

ad

関連記事

no image

商業出版することのメリット

出版するとイイことがあると思っている方が少なくありません。 確かに、出版のメリットには次のよう

記事を読む

no image

本は出版しても売れなければビジネス(仕事)が加速するわけじゃない

出版社と販売について打ち合わせをして、営業重点書籍に選ばれるようにしましょう。 これは重要です

記事を読む

no image

必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない出版のリスクとデメリット

せっかく出版をするのなら、きっちりと仕事につなげましょう。   出版をしただけ

記事を読む

no image

ベストセラーになる本をとビジネス(仕事)が加速する本は違う

ベストセラーと仕事につながる本は企画の立て方が根本的に違います。   ベストセ

記事を読む

no image

出版したら必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない

出版をすれば、仕事の問い合わせが来て、有名になれて、と誤解されている方がいらっしゃいますが、決してそ

記事を読む

no image

書籍からビジネス(仕事)への導線を本の中に仕込む

出版を仕事につなげる上で、いざ本を出すというときに、必ずその本の中に仕込んでほしいものがあります。

記事を読む

no image

ビジネス(仕事)を加速させる出版の考え方

本業につなげる出版の考え方として、まず何のために出版をするのかを考えましょう。 出版の目的、こ

記事を読む

no image

出版でビジネス(仕事)を加速させるスパイラルをつくる

本を出版したら、仕事につながっていくスパイラルをつくりましょう。   まず、出

記事を読む

no image

出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない

出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したとい

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版したら必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない
    • 出版をすれば、仕事の問い合わせが来て、有名になれて、と誤解されている方がいらっしゃいますが、決してそうではありません。 いくら出版をしたところで、必ずしも仕事の問い合わせが増えるというわけではないんです。   出版して仕事につなげようと思ったら、ちゃんと仕事につながるような企画の立て方をしておかなければ、問い合わせは来ません。 出版をすれば、有名になれるとか、スゴいと思われ...
    • 本は出版しても売れなければビジネス(仕事)が加速するわけじゃない
    • 出版社と販売について打ち合わせをして、営業重点書籍に選ばれるようにしましょう。 これは重要です。   出版社というのは、必ず月に一点、ということはないです。 三点から五点、多いところだと、二十点、三十点、百点を刊行しています。 大手出版社になると、もう何百点という話になっています。 そういう中でちゃんと広告を打ってくれて、大事に売ってくれる商品というのは、一割か...
    • 出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない
    • 出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したというブランドには有効期限があります。 私が思うに、その本を使ってブランディングできるのはだいたい、三年ぐらいでしょう。 実際、三年前のベストセラーを思い出せる人は少ないですし、去年の芥川賞作品ですら微妙なのではないでしょうか? 逆に著者として、三年以上前の本を出してブランディングしよ...
    • ベストセラーになる本をとビジネス(仕事)が加速する本は違う
    • ベストセラーと仕事につながる本は企画の立て方が根本的に違います。   ベストセラーというのは、読まれ方が受動的なんです。 本屋に行ったり、電車の吊広告をみたり…、「これ、なに。面白そう!」と言って、手に取られます。   一方、仕事につながる本というのは、能動的ですね。 はじめから、こういう悩みを解決してくれる本を買いたいと思って、その本を探しに本屋さんに行きます...
    • ビジネス(仕事)を加速させるためには、どこにつなげるのかを考えて出版の形態を選ぶ
    • 出版から仕事につなげようと思ったとき、まずは、ビジネスのどの部分に、どう生かすのかを考えてください。 そして、その上で、“誰に”“何を”伝えるのかを考え、それを効果的に波及する意味合いで出版形態を選ぶようにしましょう。   出版形態には、商業出版、共同出版、自費出版…と、いろんな形態があるんですが、仕事につなげるという意味でいうと、別にどれでもいいと思います。 自費出版なら...
PAGE TOP ↑