編集プロダクション カタログ

*

必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない出版のリスクとデメリット

公開日: : 最終更新日:2014/10/14 売上・集客につながる出版戦略

せっかく出版をするのなら、きっちりと仕事につなげましょう。

 

出版をしただけでは仕事にはなりません。

きっちりと仕事になるような出版の戦略を考える必要があります。

 

出版するとおいしいと思っている方がいっぱいいらっしゃいますが、実際はそうではありません。

たしかに出版のメリットはあります。

しかし、いい話ばかりではありません。出版のデメリットというものもあるのです。

  • レビューが荒れる
  • 逆ブランディング、ブランディングの固定
  • トレンドの便乗、出版の乱発
  • 背伸びすると実力がばれる
  • 思った以上に手間と時間を取られる
  • 業界の常識が多く振りまわされる
  • スケジュールが出版社主導で決められる

 

では、それぞれを説明していきましょう。

 

「レビューが荒れる」

これはアマゾンのレビューが一番わかりやすいと思いますが、書いた本をボロクソに書かれることがあります。

ちゃんと内容をつくっていたとしても、文句をつけられることがあるのです。

それは競合であったりとか、単純にその著者がきらいであったりとか、むかつくとか、そういう理由で、悪い評価をつけられるユーザーがいるから…。

レビューがアマゾンだったらまだいいんですが、2ちゃんねるであるとか、そういうところにいろんな書き込みをされることも多々あります。

本を出すということは公人に近い存在になりますので、必ずその裏側に叩かれるリスクがあるということは認識しておかなければなりません。

 

「逆ブランディングとブランディングの固定」

逆ブランディングっていうのは、たとえば、出版社が誤字脱字のチェックをしっかりとやっていなかったばかりに、誤字脱字だらけの本ができあがってしまう。

そして、その結果、著者の信頼が壊れてしまことがあります。

それが、例え出版社のせいだったとしても、その矛先は著者に向くということは覚えておきましょう。

ブランディングの固定というのは、本が売れすぎると、その売れた本のテーマでブランディングがかかります。

そのイメージが固定されてしまい、他のテーマでの本を出版しづらくなります。

出版をする前に、本当にそのテーマで出版するべきなのか、考えてみてください。

 

「トレンドの便乗、出版の乱発」

 たまにトレンドに便乗して、どんどん本を出される方がいらっしゃいますが、そうするとインプットとアウトプットのバランスが悪くなります。

そうすると、本の内容が段々薄くなり、今度は読者離れを起こして、一気にファンがいなくなるということがあるんです。

出版を乱発すると、当然、周りも「また、キャンペーンか」という話になってしまい、協力者も減っていく場合もあります。

本が売れると、いっぱいオファーは来ますが、そのオファーを端から受けていると、著者寿命を短くする場合があるということを覚えておいてください。

出版社は、売れると思った著者には「つぎはウチで」と気軽に声をかけてきます。

そのオファーに浮かれている場合ではありません。

オファーもある程度選別するとか、断る勇気を持って対応しないと、あとで大変なことになるということです。

 

「背伸びすると実力がばれる」

本を出してビジネスにつなげようと思ったら、当然、会ったり、話をしたりすることがあります。

なので、机上論であるとか、ちょっと盛った形で本を出してしまうと、会って話したときに、すぐにバレてしまいます。

あとでバレるぐらいなら、最初からそういうことは書かない方がいいでしょう。

 

「思った以上に、手間と時間を取られる」

自分の本を出そうと思ったら、二ヶ月ぐらい仕事が滞っても、なんとかなるような体制をつくっておきましょう。

皆さんが思っている以上に手間と時間が取られますので、覚悟が必要です。

 

「業界の常識が多く振りまわされる」

業界の常識みたいなのがけっこうありますが、そういう情報はなかなか知ることはできません。

しかし、話はどんどん進み、あなたがわからないことを「わからない」と言わないと、教えてもらえません。

相手は当たり前と思っているので、「あとよろしく」みたいな話になってしまいます。

違和感があったら、すぐに「わかりません」と言う癖をつけておいてください。

 

「スケジュールが出版社主導で決められる」

スケジュールは、著者側ではなかなかコントロールできません。

スケジュールだけではなく、カバーデザインであったり、タイトルであったりも基本的に出版社主導で決められてしまいます。

ただ、それも出版社によります。

著者の話をちゃんと聞いてくれる編集者もいるし、口出しさせてくれない編集者もいらっしゃいます。

しかし、どちらかというと、出版社主導で決められることが多いので、そこもひとつのリスク、注意するところですね。

 

ad

関連記事

no image

出版したら必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない

出版をすれば、仕事の問い合わせが来て、有名になれて、と誤解されている方がいらっしゃいますが、決してそ

記事を読む

no image

出版でビジネス(仕事)を加速させるスパイラルをつくる

本を出版したら、仕事につながっていくスパイラルをつくりましょう。   まず、出

記事を読む

no image

本は出版しても売れなければビジネス(仕事)が加速するわけじゃない

出版社と販売について打ち合わせをして、営業重点書籍に選ばれるようにしましょう。 これは重要です

記事を読む

no image

商業出版することのメリット

出版するとイイことがあると思っている方が少なくありません。 確かに、出版のメリットには次のよう

記事を読む

no image

ベストセラーになる本をとビジネス(仕事)が加速する本は違う

ベストセラーと仕事につながる本は企画の立て方が根本的に違います。   ベストセ

記事を読む

no image

書籍からビジネス(仕事)への導線を本の中に仕込む

出版を仕事につなげる上で、いざ本を出すというときに、必ずその本の中に仕込んでほしいものがあります。

記事を読む

no image

ビジネス(仕事)を加速させるためには、どこにつなげるのかを考えて出版の形態を選ぶ

出版から仕事につなげようと思ったとき、まずは、ビジネスのどの部分に、どう生かすのかを考えてください。

記事を読む

no image

出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない

出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したとい

記事を読む

no image

ビジネス(仕事)を加速させる出版の考え方

本業につなげる出版の考え方として、まず何のために出版をするのかを考えましょう。 出版の目的、こ

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版したら必ずビジネス(仕事)が加速するわけではない
    • 出版をすれば、仕事の問い合わせが来て、有名になれて、と誤解されている方がいらっしゃいますが、決してそうではありません。 いくら出版をしたところで、必ずしも仕事の問い合わせが増えるというわけではないんです。   出版して仕事につなげようと思ったら、ちゃんと仕事につながるような企画の立て方をしておかなければ、問い合わせは来ません。 出版をすれば、有名になれるとか、スゴいと思われ...
    • 本は出版しても売れなければビジネス(仕事)が加速するわけじゃない
    • 出版社と販売について打ち合わせをして、営業重点書籍に選ばれるようにしましょう。 これは重要です。   出版社というのは、必ず月に一点、ということはないです。 三点から五点、多いところだと、二十点、三十点、百点を刊行しています。 大手出版社になると、もう何百点という話になっています。 そういう中でちゃんと広告を打ってくれて、大事に売ってくれる商品というのは、一割か...
    • 出版してビジネス(仕事)を加速させようと思ったら、一冊では考えない
    • 出版をビジネスにつなげようと思ったら、出版を一冊で考えるべきではありません。 本を出版したというブランドには有効期限があります。 私が思うに、その本を使ってブランディングできるのはだいたい、三年ぐらいでしょう。 実際、三年前のベストセラーを思い出せる人は少ないですし、去年の芥川賞作品ですら微妙なのではないでしょうか? 逆に著者として、三年以上前の本を出してブランディングしよ...
    • ベストセラーになる本をとビジネス(仕事)が加速する本は違う
    • ベストセラーと仕事につながる本は企画の立て方が根本的に違います。   ベストセラーというのは、読まれ方が受動的なんです。 本屋に行ったり、電車の吊広告をみたり…、「これ、なに。面白そう!」と言って、手に取られます。   一方、仕事につながる本というのは、能動的ですね。 はじめから、こういう悩みを解決してくれる本を買いたいと思って、その本を探しに本屋さんに行きます...
    • ビジネス(仕事)を加速させるためには、どこにつなげるのかを考えて出版の形態を選ぶ
    • 出版から仕事につなげようと思ったとき、まずは、ビジネスのどの部分に、どう生かすのかを考えてください。 そして、その上で、“誰に”“何を”伝えるのかを考え、それを効果的に波及する意味合いで出版形態を選ぶようにしましょう。   出版形態には、商業出版、共同出版、自費出版…と、いろんな形態があるんですが、仕事につなげるという意味でいうと、別にどれでもいいと思います。 自費出版なら...
PAGE TOP ↑